トップページ > > 腕のむだ毛処理をしなかったばか...

腕のむだ毛処理をしなかったばかりに・・・

まだ大学生だったときに、少しだけいいなと思っている男友達と映画を見に行くことになりました。

まだただの友達だし、冬のデートだし、むだ毛処理はしなくてもいいかなぁと思って、何もしないまま行ってしまいました。

待ち合わせ場所に早めに着いていようと思って、家を出たのですが、その日は昨日の夜からの雪の影響で、道路にまだシャーベット状の雪が残っている状態でした。

そして、バスが動き出してしばらくすると、突然、バスが止まったのです。
運転手さんの説明によると、前のほうでスリップ事故を起こした車がいるので当分動けないらしいのです。結局、20分ほどそこで立ち往生をするはめになりました。
その後バスは動き出し、待ち合わせ場所に着いたのは、約束の時間より15分遅くなってからでした。急げばまだ間に合うかもしれない!ということで、2人で全速力で走ってチケットを買ってようやく映画館の中で座ることができました。

映画はちょうど予告が終わった所で、これから本編が始まるところでした。
しかし、いざ映画が始まると、猛ダッシュしてきたせいか、とても暑いのです。

最初はパンフレットであおいでいたのですが、他のお客さんの迷惑になるかもしれないと思って、あおぐのをやめました。

そしてその後、あまりの暑さのため映画を見ている最中に、腕まくりをしてしまったのです。暗闇の中だし、たぶん彼にこのむだ毛は見られないだろう、そう思っていました。

そして、腕まくりしたことも忘れて、映画に熱中していると、なんと、わたしが腕をおいている肘置きに彼も腕を重ねてきたのです。

しかも、最悪なことに、彼も腕まくりをしていたのです。

そして、彼の手のひらがわたしの腕に触れた瞬間、彼がビクっとしたのが分かりました。

わたしは恥ずかしくなって、映画どころではなくなりました。後で聞いたら、わたしの腕を触った瞬間に彼は、「猫かと思った」らしいのです。

わたしの腕のむだ毛が濃いせいで、彼はその後、肘置きに腕を置くことすらしなくなりました。
その後しばらくたって、彼とはお付き合いすることになったのですが、あの日、腕のむだ毛処理さえしっかりしていたら、映画を見た日にもう恋人同士になれていたのかなと思うと、とても残念です。

みんなのムダ毛処理失敗談