トップページ > > よくある足のムダ毛処理失敗談

よくある足のムダ毛処理失敗談

足のムダ毛処理は冬場になったら、怠る方も多いのではないのでしょうか。わたしもそうです。女性でもズボンをはいている方が多いでしょうし、気が付いたら足にたくさん生えていたなんてこともあるはずです。

そんななかで私がした失敗談の一つ目は、剃刀の向きを反対にしたことです。足の毛は膝からつま先にむかって処理するのがはだを傷めません。しかし、そりにくいので逆から一時期処理をしていたら、肌がまっしろになってしまいました。肌を傷めてしまったのです。急いでクリームを塗りましたが、やはり正しい処理方法をしたほうがよいのですね。

次にした足のムダ毛処理の失敗は、足の指の処理です。サンダルをはくときにうっかりそり忘れていて、恥ずかしい思いをしたことがあります。特に夏の初めの時期です。思ったよりもしっかり見えるのでそれからは忘れないように事前に処理するように心がけています。

最後にうっかりしたことは、ひざをきってしまったことです。膝の処理は、いそいで処理してしまうと切れてしまいがちです。そこまで濃い毛ではないのであまり、処理する頻度は高くはないのですが難しいのが難点です。

いかがでしたでしょうか。いろんな失敗ばかりですが、きっと一つは当てはまったことがあるのではないでしょうか。いそがしいと、とくに切ってしまうようなことはよくあることでしょう。肌を傷めるのもあとから、よくしていくのは難しいのでしっかりケアすることと正しい処理方法を実践するのは大切です。

ちなみにわたしは、足の付け根は毛が濃いので、なるべく気がついたらすぐに処理するように心がけています。肌と向き合いながら自分に合ったケア方法で足がきれいになるようわたしも頑張り続けようと思います。

みんなのムダ毛処理失敗談

ジャンル一覧

ムダ毛処理 みんなの声