トップページ > > 悲惨な足になってしまいました

悲惨な足になってしまいました

子供のころから毛深くて悩んでいました。特に足には長くてしっかりとした毛がぼうぼうです。思春期になるとすごく嫌で、ドラッグストアやスーパーに行くたびに除毛や脱毛用品の売り場に行ってました。除毛クリームやテープなどいろいろ試した結果、カミソリが1番簡単で楽だと思いました。

社会人になってから初めてできた彼氏。毛深いのが恥ずかしいなぁと思いながらも、なるべく足を出さないような服装をしていました。カミソリで処理をしていても、毛はすぐに伸びて、触るとチクチクします。エステの永久脱毛なんて行く余裕はないので自分でケアするしかありません。夏場は週1くらいで剃っていました。

その彼氏と海へ行くことに。恥ずかしいけれど水着を着なくてはいけません。ムダ毛の処理をしなきゃなぁと思いながらも仕事が忙しくて、当日までできませんでした、当日の朝も他の準備に時間がかかり、ムダ毛処理をする時間があまりなくて。家を出る直前にカミソリでサーッと剃ってしまったのです。すごく肌に悪そうだけど、とにかくこの立派なムダ毛をなんとかしないと必死でした。剃った後の肌をケアする時間もなく待ち合わせの場所へ行きました。

まだラブラブだったし、行く道中はとても楽しかった。だけど海について水着に着替えたら・・・私の足は真っ赤になって、カミソリ跡がくっきり。見るからに痛々しい足になっていました。

もうどうすることもできず、そのまま彼氏の前へ。「足どうしたの!?」とびっくりする彼。事情を話したらわかってくれたけど、とっても恥ずかしかったです。

傷だらけの足が恥ずかしいわ、海水がしみて痛いわで散々なデートでした。

ムダ毛処理は肌に優しく時間に余裕をもってやらなくてはいけませんね。反省です。だけどその彼は今の夫なので、まぁ良かったのかな。今となってはいい思い出です。

みんなのムダ毛処理失敗談

ジャンル一覧

ムダ毛処理 みんなの声