トップページ > ワキ > 自分で抜いて失敗しました

自分で抜いて失敗しました

私の悩みは、ムダ毛が硬くて太く、そして多毛だということです。
髪の毛や眉毛は、どちらかと言うと柔らかくてクセがあって少なめなのですが、特に脚のスネや脇のムダ毛が硬くて太いので悩んでいます。

カミソリでムダ毛を処理しても、すぐに伸びてきてしまい、硬くて太いので、チクチクとしてとても不快です。
また、毛が伸びるスピードが早いのか、少しでもムダ毛の処理を怠ると、すぐにゴワゴワとした毛がたくさん生えてきてしまいます。

普段は、手っ取り早く、お風呂に入った時にスネ部分と脇部分のムダ毛をカミソリで剃って処理をしていますが、 キレイに剃ったつもりでも、剃り残したり、毛穴の奥の方にある短い毛が黒い点々となって見えるので、とても醜いです。
なので、薄着をしたり、お呼ばれがあったりする時など、ここぞの時には、カミソリで剃るのではなく、ムダ毛を毛抜きなどで抜いて処理します。

脇部分にも硬くて太い毛がたくさん生えているので、自分で毛抜きで地道に抜いていくことは、肩が凝るし、時間もかかるし本当に疲れます。
けれど、カミソリだけでムダ毛を処理するよりも、はるかにキレイに処理出来るので、他人に見られてしまう可能性がある時などには、 気合いを入れて、時間をかけて地道に毛抜きで抜いて処理するようにしています。

しかし、私の抜き方が悪いのか、毛抜きで抜いた後に毛穴にばい菌が入り、膿んでしまうことも多々あります。
ムダ毛が生えていた部分が赤く腫れて痛くなったり、ニキビのように中に膿が溜まって痛くなったりしてしまうのです。
そうすると、当分は傷が痛くてカミソリで剃ることが出来なくなりますし、傷部分が少し盛り上がったりすることもあるので、 その盛り上がった部分をカミソリで更に傷つけてしまい、色素沈着をおこしてしまうということも何度がありました。

毛抜きで抜くと、キレイにムダ毛を処理出来ることもあるので、ここぞという時には抜いてしまうがちなのですが、 傷になったり、膿んだりするのは本当に痛いし、跡にも残るし、ムダ毛だけでなく、更に恥ずかしく醜い脇になってしまいました。

みんなのムダ毛処理失敗談