トップページ > ワキ > とにかく負担を感じるワキ毛処理

とにかく負担を感じるワキ毛処理

数年前のことなんですけど、夏になったので海かプールに行って泳ぎたいなあと思ったので水着を新しく買い直しました。あんまり年を取ったら、露出度高めの水着なんて着られなくなっちゃうなと思ったので、思い切って青いビキニを買っちゃいました。当時は彼氏もいなかったので、良い出会いがあったらなあなんて思っていました。

ところで、水着を着るときに悩むのは、なんといってもムダ毛の処理ですよね。腕毛も足毛も気になるけれど、とくに濃い毛が生えやすくて処理しにくい場所と言えばワキ毛です。
でもこの場所は、あんまり負担のかかりすぎる処理の仕方をしていると、毛が埋没してしまったり肌が黒ずんでしまったりすることがあります。なので、処理しすぎてもダメ処理しなくてもダメという、とにかく女性にとってはたいへんな場所です。

私も水着を着ていたときにワキ毛の処理が甘くて、恥ずかしい思いをしたことがあります。自分ではカンペキに剃れた思っていたのに、ちょろっと1本長いワキ毛を剃り残していたなんてことがありました。

友達に指摘してもらって気がついたんですけど、めちゃくちゃ恥ずかしかったです。夏だからってワキ毛まで開放しちゃってどうすんのって感じでした。このときには、水着のうえに羽織れるようにUVカット機能の着いたパーカーを持参していたので、なんとか事なきを得ました。

ワキの毛っていうのは自分ではあまり見えないのですが、他人からはよく見えてしまうんですよね。

よく電車の中で吊革につかまった女性のワキがチラリと見えてしまうことがあるんですが、つるっとしていて綺麗な人を見るととても羨ましくなってしまいます。綺麗な人は脱毛しているのでしょうか。

私もワキ毛の面倒くさい処理から、早く解放されたいです。

みんなのムダ毛処理失敗談