トップページ > ワキ > わきのムダ毛処理での失敗

わきのムダ毛処理での失敗

わきのムダ毛処理はある程度の年齢になると、女性はするようになるでしょう。かみそりで、デビューする方が多いかと思います。わきの脱毛で多い失敗は、まず一つ目にそり残しです。わきはほかの箇所と違って平らではないので、よくそり残してしまうことがあります。ほかの箇所よりも、生えるスピードも速いですし、さっと終わらせる方も多いことでしょう。電車のつりかわでわきがうっかり見えてしまったりすることもあることでしょう。そんなことを防ぐためにも、最後にかがみで確認するなど最近はするようにしています。

つぎは剃刀で切ってしまったことです。いつも使用しているものではなく、やすいかみそりをつかったら失敗してしまいました。やはり、ある程度値段のするものでないと、切れやすいようです。肌を傷める原因にもなります。ちなみにわきを刺激しすぎると、生える個所も広がっていくそうです。

最近は脱毛サロンなどへ行ってもリーズナブルに済むようです。家で処理する場合に肌を傷めない方法は、シェーバーがおすすめだとサロンの方がおっしゃっていました。わたしもまだ通っている途中ですが、最近は箇所をひろげないよう、シェーバーを使用しています。

処理する頻度が多いわきなので、なるべく傷めずに処理を行いたいですよね。処理の際に、慣れないうちは失敗が多いですが、次回気をつければいいことです。水着を着たり、夏になるとさらに、人にみられることも多くなります。お互いに不快な気分にならないよう、処理には気をつけたいですね。

いろんな処理する方法があるので、参考になれば幸いです。ちなみに、サロンへ通うと毛抜きはしてはいけないようなのでお気をつけくださいませ。

みんなのムダ毛処理失敗談