それ、老ける原因になりますよ!正しい朝のスキンケア方法とは?【スキンケア編】

ID-254

それ、老ける原因になりますよ!正しい朝のスキンケア方法とは?【スキンケア編】

 

朝のスキンケアシリーズで今回は化粧水、乳液について深掘りしていきます!

 

朝のスキンケアとして重要なのは「肌を守ること」。

 

意外とやってしまいがちなスキンケアの落とし穴について解説していきます!

エイジングケア用品を使っていませんか?

ゆらぎ肌が気になる世代はついつい朝も肌の事を考えてエイジングケアのスキンケアを使いがち。

 

これはさらにお肌に負担をかける危険行為です!

 

エイジングケアは栄養成分が豊富に入っているので紫外線には不安定なものが多いです。

 

特に肌のターンオーバーを促すビタミンA の一種でもあるレチノイン酸は皮膚を薄くする作用があり紫外線に当たるとシミができやすくなります。

 

またレチノイン酸と似たエイジングケア用品でレチノールというものがありますが、これも肌のターンオーバーを促す作用があります。

 

皮膚が薄くなる作用はないためシミができる心配はありませんが、紫外線に弱く効果が徐々になくなってしまう特性があるので朝のスキンケアとしては適していません。

 

同じエイジングケア商品でビタミンC配合の化粧水、美容液は「ソレラン」という物質が入っている場合が多くソレランは紫外線を吸収しやすくする働きがあるためレチノイン酸同様にシミができやすい原因になります。

 

朝のスキンケアのポイントとして「紫外線から肌を守る」という目的があります。

 

エイジングケア用品は「肌に栄養を与えて老化を防止する」のが目的なので朝のスキンケアとは目的が違います。

 

朝には朝のスキンケア用品があるので朝にエイジングケア用品を使っている人は今すぐやめて朝専用のスキンケアをするのが良いです。

朝はどんな化粧水を選べばいいの?

「朝にエイジングケア用品を使うのはあまりよくないのはわかったけど実際は何の化粧水を使えばいいの?」と思った人もいるはず。

 

次は朝におすすめの美容成分をご紹介していきますね。

 

●セラミド…水分保持に優れた成分で肌のバリア機能を高めてくれる。

 

●ヒアルロン酸…長時間潤いをキープできる。

 

●コラーゲン…肌にハリや弾力を与えてくれる成分

 

●アミノ酸…肌を弱酸性に導き潤いを与えてくれる。肌のバリア機能を高める。

 

朝のスキンケアで重要なのは「潤いをキープすること」「肌のバリア機能を高める」ことです。

 

上のような成分を含んだ化粧水を選ぶと良いでしょう!

朝のスキンケアでおすすめの化粧水

小林製薬 ヒフミドエッセンスローション

【小林製薬の通信販売】ヒフミド エッセンスローション(保湿化粧水) 120mL

 

セラミドの中で一番効果のあるヒト型セラミドが3種類配合。

 

乾燥による小じわを目立たなくする効能評価試験済みなのも◎。

エトヴォス モイスチャーライジングローション

乾燥肌 敏感肌 肌荒れ 予防 (パラベン アルコール 無添加)

 

植物性セラミドがたっぷり配合された保湿性に優れた化粧水。

 

またヒアルロン酸の2倍の保湿力を持つリピジュアも配合されていてもっちりとした肌へ導きます。

セザンヌ スキンコンディショナー 高保湿

セザンヌ スキンコンディショナー高保湿 500ml セラミド 大容量

 

ヒト型セラミドをはじめヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸などの保湿成分がふんだんに配合されています。

 

500mlの大容量なので全身に使うことも。

松山油脂 肌をうるおす保湿浸透水 モイストリッチ

肌をうるおす保湿浸透水 モイストリッチ

 

5種類のヒト型セラミドとアミノ酸とイソフラボンの有用成分を取り入れるための大豆由来成分が角質層の状態を健やかに保ち、水分保持機能とバリア機能を補います。

朝の乳液や美容液は?ライン使いが良いの?

朝におすすめの化粧水だけおすすめするなら使うべきアイテムもちゃんと紹介してほしいですよね?

 

次は先ほどおすすめした化粧水に合う乳液や美容液もご紹介していきます!

 

まず言いたいことは基本的にはライン使いがおすすめということです。

 

なぜかというとメーカーとしては化粧水に入れることができなかった成分を補足として乳液に入れることのほうが多いからです。

 

例を挙げると先ほどご紹介した「エトヴォス モイスチャーライジングローション」

 

こちらは植物性セラミドがたっぷり配合されていると説明しました。

 

実は「セラミド」に焦点を当てると少し疑問が残るのです。

 

セラミドには主に4つの種類があります。

 

保湿力や人間の皮膚の馴染みの良さが強い順に挙げると「ヒト型セラミド」「動物性セラミド」「植物性セラミド」「疑似セラミド」の順になります。

 

植物性セラミドは4つの中で下から2番目です。

 

「意外とセラミドの効果としては低いんだな…。」と思った人が多いと思います。

 

では「エトヴォスはあまり良くないの?」というとそうではなく、エトヴォスの乳液のほうには「ヒト型セラミド」が配合されています。

 

化粧水での植物性セラミドと乳液のヒト型セラミドのW使いでより効果を実感することができるように作られた商品なのです。

 

こういった視点からメーカーはスキンケアを統一して使うのを推奨しています。

 

とはいってもセザンヌのスキンコンディショナーは乳液は現時点では発売されていないので(今後発売される可能性はあります。)、「朝のスキンケア」に焦点を当てておすすめの乳液をいくつかご紹介していきますね。

朝のスキンケアでおすすめの乳液

メイクをする前にしっかり日焼け止めと化粧下地をする人におすすめなのがベタベタしないテクスチャーのものです。

 

またUV効果のある乳液はスキンケアを時間短縮したい人におすすめです。

セザンヌ モイスチュア リッチエッセンス ミルク

セザンヌ モイスチュアリッチ エッセンスミルク

 

サラッとべたつかず、肌に優しいアルコールフリーの乳液。

 

加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸配合で保湿効果もバッチリです。

 

クリニーク ドラマティカリー デイファレント モイスチュア ライジング ジェル

 

クリニークの定番商品で朝のスキンケアにおすすめなサラッとしたテクスチャー。

 

皮脂によるテカリも抑えてくれるので小鼻やおでこなどの皮脂が多くなりやすい部分に使うのもおすすめです。

イニスフリー(innisfree) オーキッドデイクリーム

イニスフリー(innisfree) オーキッド デイ クリーム SPF30 / PA++ 50ml

 

イニスフリーのエイジングケアライン。

 

SPF30/PA++でしっかりと紫外線対策もでき、植物由来の成分が肌にうるおいとハリを与えてくれます。

ズボラボ 休日用乳液UV  (SPF28PA++)

ズボラボ 休日用乳液UV SPF28・PA++ 保湿+UVカット+肌色補正 せっけんでオフ 乳液 休日用 自然な肌色 60g

 

セラミドやアルブチン、ヒアルロン酸などの保湿成分も配合されていてほのかに肌色をカバーしてくれます。

 

休日用なので石鹸で簡単にオフできてしまうのも嬉しいポイント。

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は朝のスキンケア用品についてお送りしていきました。

 

エイジングケア商品はついつい朝もよかれと思って使ってしまう人が多いと思います。

 

ぜひ朝用のスキンケア商品をそろえてくださいね。

 

次回で朝シリーズは最後になります!

 

次回は「日焼け止め編」です!

 

ぜひ次回も読んでみてくださいね。